信頼の品質を積み重ね、追求した安心と安全。



3世代100年の暮らしを守る高い強度のコンクリート

建物を支える柱、梁、床、壁などには、鉄筋コンクリート造を採用しました。一般に使用するコンクリートの設計基準強度の18~24N/㎟(1㎡あたり約1800~2400トンの圧縮に耐える性能)を上回る約30N/㎟以上としています。最大で1㎡あたり約3000トンもの圧縮に耐える強度があります。※100年コンクリートとは、日本建築学会「建築工事標準仕様書」において「設計基準強度がFc30N/㎟ であれば構造体の大規模な修繕をしなくても100年はもつ」といわれているものです。ただし100年という数値は理論値でマンションのメンテナンスが100年不要だということではありません。

住戸間の床コンクリート厚みは約200㎜

住戸間の躯体ボイドスラブの厚みを約200㎜、二重床工法とすることで、遮音性に配慮しています。

コンクリートの耐久性

水セメント比を50%以下(杭及び非構造体コンクリートを除く)に設定。かぶり厚さもJASS5(建築工事標準仕様書)に準拠した高い耐久性をクリアしています。

ダブル配筋

主要構造部にあたる壁はダブル配筋とし、シングル配筋よりも高い強度と耐久性を実現します。※主要構造部にあたらない手摺壁・外構塀等はシングル配筋となります。

溶接閉鎖型フープ

工場で特殊溶接により継ぎ目を閉じた形へ加工した帯筋です。コンクリートを拘束する能力が高く、一般的な帯筋よりも大地震時の粘り強さに優れています。(一部の柱を除く)