格式の承継




江戸初期の時代から継承し続ける高台の邸宅地、小石川の一角



武家屋敷と寺社が集まり、古くから風格と威厳に満ちた小石川

徳川家康が江戸城に入るとともに現在の文京区エリアは注目されるようになり、水戸徳川家の江戸上屋敷や松平播磨守の屋敷など、大名屋敷や武家屋敷が多く造られました。さらに、徳川将軍家の菩提寺である伝通院を始め護国寺、根津神社などの寺社が創建され、文京の地は由緒を深めていきます。さらに、武家屋敷と寺社を取り囲みながら、商業も発達をみせ、市街地としての活気を呈し、この地は発展してきました。




江戸から明治、昭和。山の手の品格を継承する高台の地

小石川、本郷、麹町、牛込…。江戸城を中心に扇状に広がる高台の武家地には、明治維新以降、往時の名士、文人が移り住み、山の手と呼ばれる邸宅地が形成されていきました。史書を紐解けば、夏目漱石、坪内逍遙、幸田露伴など小石川ゆかりの先人も少なくありません。この地には、江戸から明治、そして昭和へと受け継がれてきた山の手の品格が、いまも色濃く漂っています。




坂上、高台であること、それは邸宅地の象徴でもある。そしてそこには愛される「坂」がある。

小石川四丁目あたりには坂が多く、なかでも「吹上坂」と「播磨坂」は多くの人々に親しまれています。古く江戸の折、極楽水という湧き水が吹き上がっていたことから吹上という地名が生まれ、そこを通る坂道としてその名が付けられた「吹上坂」。そして、戦後の再開発において、常陸府中藩主松平播磨守の屋敷の跡地につくられ、いまでは約150本もの桜が見事に花開く「播磨坂」。いずれも多くの人に愛されながら、この地らしい景観をつくりだしている坂道です。